• roche logo

ハイリスク型HPVの中に宿る超ハイリスクタイプとは

事実を把握し、リスクを知る

 

 

ハイリスク型HPV陽性の中のいくつかには、
前がん病変のリスクが他の型よりも高いものがある1

リスク層別化の重要性

よりリスクの高い女性を特定するため、検診に細胞診とHPV検査が併用されていますが、新たな限界が生じてきています。すなわち、より積極的にフォローが必要な患者を特定するためのリスク層別化に欠けているのです2。 

現在の検診では、細胞診陰性でハイリスク型HPV陽性の女性は、コルポスコピーを行う代わりに12ヶ月後に細胞診とハイリスク型HPV DNA一括検査の再検査を行います。これにより、細胞診検査のみで前がん病変または子宮頸がんが早期に発見されやすくなってきていますが、依然として次の ような限界があります。

  • 特にリスクの高いHPV 16型および18型の結果が得られない。
  • リスクがある可能性が特に高い患者への臨床的介入が遅れる。
  • 細胞診の結果が陰性なのにハイリスク型HPVが陽性であった場合に、医師も患者も疑念と不安を抱く。

 



HPV16型および18型のジェノタイピングによって
CIN3以上の病変が発症するリスクが特に高い女性を特定できます。

≥CIN3の発症率(ハイリスク型HPV感染別)

10年間におけるCIN3以上の病変の累積発症率(ハイリスク型HPV感染別)2

10-year Cumulative Incidence Rate of CIN3 by hrHPV Status

HPV16型および18型に感染している女性は高度子宮頸部病変を発症するリスクが特に高い2

米国(Kaiser Permanente医療保険適用)女性20,810人を対象とした研究では、細胞診陰性であってもHPV16型および18型が陽性の女性は、CIN3以上の病変を発症するリスクが特に高いことが示されています2

CIN2以上の病変が発症するリスクは

≥CIN3への進展に関与するHPV持続感染の役割

細胞診陰性でハイリスク型HPVが持続感染しているデンマーク人女性 12年間における ≥CIN3の発症するリスク8

正常細胞診と持続hrHPVとデンマークの女性で≥CIN3の12年リスク

HPV 16型が持続感染していた女性では、12年間におけるCIN3以上の病変が発症するリスクは約50%でした。

  • 略語:

参考文献:

1.cobas® 4800 HPV Test US package insert. April 2011.

2.Khan MJ, Castle PE, Lorincz AT, et al. The elevated 10-year risk of cervical precancer and cancer in women with human papillomavirus (HPV) type 16 or 18 and the possible utility of type-specific HPV testing in clinical practice. J Natl Cancer Inst. 2005;97(14):1072-1079.

3.The American Congress of Obstetricians and Gynecologists. ACOG Practice Bulletin. Clinical Management Guidelines for Obstetrician-Gynecologists: Screening for Cervical Cancer. November, 2012.

4.Bosch FX, de Sanjosé S. Human papillomavirus and cervical cancer — burden and assessment of causality. J Natl Cancer Inst Monogr. 2003;31:3-13.

5.Bulk S, Berkhof J, Bulkmans NW, et al. Preferential risk of HPV16 for squamous cell carcinoma and of HPV18 for adenocarcinoma of the cervix compared to women with normal cytology in The Netherlands. Br J Cancer. 2006;94(1):171-175.

6.Ault KA, Joura EA, Kjær SK, et al. Adenocarcinoma in situ and associated human papillomavirus type distribution observed in two clinical trials of a quadrivalent human papillomavirus vaccine. Int J Cancer. 2011;128(6):1344-1353.

7.de Sanjosé S, Quint WG, Alemany L, et al. Human papillomavirus genotype attribution in invasive cervical cancer: a retrospective cross-sectional worldwide study. Lancet Oncol. 2010;11(11):1048-1056.

8.Kjær SK, Frederiksen K, Munk C, Ifner T. Long-term absolute risk of cervical intraepithelial neoplasia grade 3 or worse following human papillomavirus infection: role of persistence. J Natl Cancer Inst. 2010;102(19):1478-1488.-