• roche logo

子宮頸がん検診-ハイリスク型HPVの中に宿る 超ハイリスクタイプとは-.

コバスHPVテスト:  1回の測定で同時に3通りのハイリスク型HPVの結果が得られます。
 米国において承認されており、臨床的に有用性が確認されています。

細胞診の結果が正常であっても、必ずしもがんがないとは言えません

子宮頸がんの3分の1は検診を受けている女性に発症しています1,2
細胞診の結果が正常な女性の中にも子宮頸部浸潤がんが潜んでいます。

細胞診の限界 

HPV16型および18型のタイピングにより特にリスクの高い女性を特定します

HPV16型および18型陽性の女性は、高度子宮頸部病変のリスクが特に高くなります3。                                                                                                                                                      

タイピングを用いた併用検査 

HPVジェノタイピング のエビデンス

ATHENAスタディーにおいて、細胞診陰性であってもHPV16型または18型陽性の女性では、およそ10人に1人高度子宮頸部病変が認められました4。                                                                                                                                                                        

ATHENAスタディーの詳細 

参考文献:                                                              

1. Leyden WA, Manos MM, Geiger AM, et al. Cervical cancer in women with comprehensive health care access: attributable factors in the screening process. J Natl Cancer Inst. 2005;97(9):675-683. 

2. Andrae B, Kemetli L, Sparén P, et al. Screening-preventable cervical cancer risks: evidence from a nationwide audit in Sweden.J Natl Cancer Inst.  2008;100(9):622-629.

3. Khan MJ, Castle PE, Lorincz AT, et al. The elevated 10-year risk of cervical precancer and cancer in women with human papillomavirus (HPV) type 16 or 18 and the possible utility of type-specific HPV testing in clinical practice.   J Natl Cancer Inst. 2005;97(14):1072-1079. 

4. Wright TC Jr, Stoler MH, Sharma A, et al. Evaluation of HPV-16 and HPV-18 genotyping for the triage of women with high-risk HPV+ cytology-negative results. Am J Clin Pathol. 2011;136(4):578-586.